日本学術会議 野党 立憲民主党 柚月道義議員らの追求によって存在の見直しをすることに。

海外ニュース
自民党 学術会議の“在り方”検討チーム設立へ(2020年10月7日)

国会で立憲民主党(枝野幸男代表)は政府に対し日本学術会議の任命について質問した。色々な議論がある中、政府は日本学術会議の存在意義について議論する必要があるということでプロジェクトチームを立ち上げることになりました。

今回のことで日本学術会議という存在が注目されることになりました。騒げば騒ぐほど、国民はその本質が知りたくなります。一方では学問の自由が阻害されるといい、片方ではそんなことはないという。

ただ、今回、野党の方達が矢面に立ってこの日本学術会議という存在を世に知らしめてくれたおかげで、国民の一番いい方向に行ってくれるでしょう。たとえば、議論の結果「必要ない」という結論になれば、廃止になるでしょうし、もし本当に国民に必要ならば橋下徹氏の言うように民間にすればいいと言うことにもなるかもしれません。たしかに海外の似たような組織は非政府団体で運営されていると言うことも聞いたことがあります。

何はともあれ、国家公務員の定年延長に関しても、熱い議論をしてくれたおかげで国民の間に知られることとなり、とりあえず廃案にすると言う結果になりました。この決定により不利益を被った公務員の方もいらっしゃるかもしれませんが野党が問題定義をしてくれたおかげで、国民の中に問題意識が生まれ、大多数の意見に集約されていくのが民主主義の一側面なのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました